Section
Roofs

屋根の検査とは何ですか?

2 people stands on roof

屋根点検のメリットは?

2 people stand in front of a house

いつ屋根の点検をスケジュールするのですか?

roof and windows

屋根の検査にサーマルカメラをどのように使用しますか?

details of roof

屋根の検査でサーマルカメラを使用する利点は?

屋根の検査にサーマルカメラをどのように使用しますか?

ヒートシグネチャは、屋根の表面の下で進行する損傷を検出します。また、湿気は構造物を破壊する主要な要因であるため、サーマルカメラを使用した屋根の検査は次のように呼ばれています。

赤外線屋根水分調査

Survey icon

屋根の水分検査

Moisture Inspection icon

屋根赤外線サーモグラフィー

Thermography icon

これらはすべて同じ手順を指します。サーマルカメラを使用して屋根の検査をします。

以下は、サーマルカメラを使用して屋根の検査を行う方法に関する重要なポイントです。

安全性

屋根を自作したい場合安全を最優先することが最も重要です。何かが起こった場合誰も助けてくれません

屋根に上るときは特に注意が必要です。屋根の端のような危険な領域は手を入れるべきではありません。
これは有資格者が居ない状況では上ががるべきではない事を意味します。

重要な助言:

夜に屋根でサーマルカメラを使用する場合は、「GO SLOW」を実行する必要があります。 LCD画面から物を見ているときに瞬間的に「夜盲」になると、目が表示画面に順応する時間が必要になります。
したがって、検査前のに昼間に屋根の周りを歩いておく事をお勧めします。これは上で作業するのと同じようにイメージしながら、起こり得る潜在的危険を特定するのに役立ちます。

タイミングが全てだ!

最良の結果を得るには、熱調査を実施する適切なタイミングで行う事が必要です。屋根やその一部の熱エネルギーは一時的に主に太陽の影響を受け、その他の影響はあまり受けません。

傾斜の少ない屋根の場合、夏は調査を行うのに最適な時期です。最近は日差しが多く、問題のある領域を目立たせるのが簡単になります。

日没後1〜2時間で検査を行うと便利です。この時点で、屋根は冷やされており、温度の違いにより、湿った断熱材と乾燥した断熱材が明確に区別されます。湿った断熱材は、簡単に識別できるように暖かくする必要があります。

夜は屋根の冷却温度に影響を与える可能性のある強風がないことを確認してください。最適な気象条件を見つけることは、精度ある調査結果を得るために必要です。

材料の問題

技術的には、次の4つの気象関連の要因が熱測定値の完全性を左右する可能性があります。

・風速
・太陽の影響
・温度変化率
・(住居の)内部と外部の温度の違い

一般に以下条件により良い結果が得られます。

・点検前日の晴天
・風速15 mph以下
・熱画像が収集される1〜2時間前に、家の周囲温度が大幅に低下する

徹底した熱調査を実施できるようにするには、家や建物の内部を、外よりも少なくとも10°Cまたは18°F暖かくする必要があります。そして、当然のことながら、屋根の湿気調査を日光の下で行うことは、お勧め出来ません

マークアップ

熱検査を行うときにペンキの準備をする事をお勧めします。そうすれば、赤外線カメラで特定された領域にマークを付けることができます。これらの領域に番号を付けることは、次の行動ステップを簡単にします。

マーキングを行うと、昼間の作業が楽になります。そして、コアサンプラーまたは水分プローブを最大限に活用して結果をさらに確認できます。

熱検査を行うときに、実際のリークを見つけられるかどうかを心配する必要はありません。その一般的な場所はわかっているため、正確な場所に到達する事は簡単です。

Section

屋根の検査にサーマルカメラをどのように使用しますか?

ヒートシグネチャは、屋根の表面の下で進行する損傷を検出します。また、湿気は構造物を破壊する主要な要因であるため、サーマルカメラを使用した屋根の検査は次のように呼ばれています。


赤外線屋根水分調査

Survey icon


屋根の水分検査

Moisture Inspection icon


屋根赤外線サーモグラフィー

 Infrared Thermography icon

これらはすべて同じ手順を指します。サーマルカメラを使用して屋根の検査をします。

以下は、サーマルカメラを使用して屋根の検査を行う方法に関する重要なポイントです。

安全性

A hat

屋根を自作したい場合安全を最優先することが最も重要です。何かが起こった場合誰も助けてくれません

屋根に上るときは特に注意が必要です。屋根の端のような危険な領域は手を入れるべきではありません。
これは有資格者が居ない状況では上ががるべきではない事を意味します。

重要な助言:

夜に屋根でサーマルカメラを使用する場合は、「GO SLOW」を実行する必要があります。 LCD画面から物を見ているときに瞬間的に「夜盲」になると、目が表示画面に順応する時間が必要になります。
したがって、検査前のに昼間に屋根の周りを歩いておく事をお勧めします。これは上で作業するのと同じようにイメージしながら、起こり得る潜在的危険を特定するのに役立ちます。

タイミングが全てだ!

watch icon

最良の結果を得るには、熱調査を実施する適切なタイミングで行う事が必要です。屋根やその一部の熱エネルギーは一時的に主に太陽の影響を受け、その他の影響はあまり受けません。

傾斜の少ない屋根の場合、夏は調査を行うのに最適な時期です。最近は日差しが多く、問題のある領域を目立たせるのが簡単になります。

日没後1〜2時間で検査を行うと便利です。この時点で、屋根は冷やされており、温度の違いにより、湿った断熱材と乾燥した断熱材が明確に区別されます。湿った断熱材は、簡単に識別できるように暖かくする必要があります。

夜は屋根の冷却温度に影響を与える可能性のある強風がないことを確認してください。最適な気象条件を見つけることは、精度ある調査結果を得るために必要です。 

技術的には、次の4つの気象関連の要因が熱測定値の完全性を左右する可能性があります。

風速

太陽の影響

温度変化率

(住居の)内部と外部の温度の違い

一般に以下条件により良い結果が得られます。

点検前日の晴天

風速15 mph以下

熱画像が収集される1〜2時間前に、家の周囲温度が大幅に低下する

徹底した熱調査を実施できるようにするには、家や建物の内部を、外よりも少なくとも10°Cまたは18°F暖かくする必要があります。そして、当然のことながら、屋根の湿気調査を日光の下で行うことは、お勧め出来ません

材料の問題

file warning

検査されている材料を理解する事は重要です。各材料は、熱を吸収および反射する能力が異なります。太陽熱はすべての材料の屋根構成に明確な影響を与えます。

またどのような屋根断熱材が使用されているかを知ることも重要です。さらに、断熱材が何層かを理解して検査をより正確にする必要があります。

上記によりリークの場所を簡単に知ることができます。

通常、飾りの無い単層屋根(殆どの屋根はこのタイプ)では、サーモグラフィーを使用して湿気を検査することは十分に結果に期待できます。

業者またはDIYの最終的な目標は、湿気が出ている箇所を特定することです。注意すべきは、バラスト処理された単層屋根を扱っているときに、上り勾配部分で屋根の水分漏れを見つけることです。同じことが低吸収断熱材を利用した新しい屋根構造にも当てはまります

マークアップ

a pin icon

熱検査を行うときにペンキの準備をする事をお勧めします。そうすれば、赤外線カメラで特定された領域にマークを付けることができます。これらの領域に番号を付けることは、次の行動ステップを簡単にします。

マーキングを行うと、昼間の作業が楽になります。そして、コアサンプラーまたは水分プローブを最大限に活用して結果をさらに確認できます。

熱検査を行うときに、実際のリークを見つけられるかどうかを心配する必要はありません。その一般的な場所はわかっているため、正確な場所に到達する事は簡単です。

PerfectPrime thermal camera IR0019

サーマルカメラIR0019

優れた質感のグリップ

すぐに購入 >
PerfectPrime thermal camera IR0006

サーマルカメラIR0006

コンパクトでどこにでもフィット

すぐに購入 >